キノカラ

キノカラ

9歳ダックス♀と暮らす34歳お一人様きのこのひとり言やらメモやら

チョコレート週間

チョコが好きです。

チョコレートは昔ストイックに糖質制限をしていたときに一度やめたのですが、今ではまた復活し、やめる気もないです。

でも最近は、一日2箱とか余裕で食べてしまうので、さすがに減ら…し…たい。チョコレートおいしい。

今はバレンタイの時期なので、この時期限定のチョコレートが百貨店にたくさん並んで、楽しいですよね。

その中でも、毎年買うチョコ。

シルヴィオ・ベッソーネ

イタリアのチョコレートです。

シルヴィオ・ベッソーネのチョコ

ダースのミルクとかが好きな人は、口に合うのではと思います。

ヘーゼルナッツの風味がすばらしい。

今年は、写真の4粒を買いました。

左から

カカオ(ビターチョコ+ヘーゼルナッツ+チョココーティング)

カフェ(コーヒー豆とチョコクリーム練り合わせ+ビターチョココーティング)

リピエノ(ヘーゼルナッツ60%!ミルクチョココーティング。口どけすごい)

ネイ(ビターチョコ)

ビターチョコ好きです。

これらは税込みで1粒260円です。

他にもオレンジやお酒が入ったチョコ等、いろいろあります。

どれを食べても感動するので、おすすめです(^o^)

 

バレンタインの俳句

日本のバレンタインは製菓会社の策略だと思っているのですが、会社の人に~とか、上司に~とかめんどくさいので、なんかもう『2/14はチョコレートの日』だったらいいのに。

部署内で女性が数人に対して男性がたくさんいたりすると、めちゃくちゃ痛い出費になったりもしますし、ホワイトデーは倍返しとかいうけど、それはそれで男性もめんどくさくないのかなとずっと思ってます。

ちなみに、ホワイトデーのお返しの内容によっては、そのあとの女性たちからの扱いが変わるのはあるあるだとおもいます。

自分たちはどんなに安いものをあげたとしてもお返しに妥協を許さない、それが女子です。(私含め)

あの人はセンスが良い!とか、あの人はあんなだったねとか言われ続けるので、男性陣、ファイトです。

 

対友人だと、気楽に楽しくチョコを選べるから楽しいなぁ。

やっぱりチョコの日にして欲しい…。

 

おまけ

ホワイトデー

あの紙袋の中身はお返しがぎっしりなんだろうな。